黄疸治療とその後

前のお話へ 次の日の12時に息子の病院に来た。 場所は変わっていたけど、相変わらず目の所に保護テープが貼られていた。 おそらくさっきまで、黄疸治療をしていたんだろうと少し予想はつく。 目にテープがされている状態を動画に撮

黄疸の治療

前のお話へ 次の日は12:00頃に病院へ行きました。 NICUの中に入ると、真ん中に息子が陣取っていました。 昨日聞いた話では「真ん中にいる子ほど、緊急性を要する」とのこと… 息子に何が起こっているのか確認す

NICUでの生活の始まり

前のお話へ 次の日、起きたらもう昼前だった。 相当疲れていたので、ずっと眠っていました。 朝食兼昼食を作って食べ、妻の病院へといった。 そこで昨日あったことを話した。 結果的に何もなかったからよかったけど、髄膜炎の検査で

息子の命を左右する一筆

前のお話へ 医師に言われたのが髄膜炎の検査を行うとのこと。 髄液の採取を行う際の同意書でした。 髄液は脊椎近くを針を刺して採取する。 その際、まだ赤子なので神経を傷つけてしまうかもしれない。 それで後遺症が残るかもしれな

産まれてすぐの緊急搬送

前のお話へ 陣痛から出産まだ30時間かかり息子は産まれました。 ただ産声ひとつあげず、そのまま奥の部屋へと連れていかれました。 分娩室の前で待つこと半時間。 先生に呼ばれて中へ入っていった。 あかちゃんこちらにいます。た

出産

前のお話へ もうすぐ産まれるかもと思って病院に来たのだが、とうとう日をまたいでしまった。 その日はなんと、ちょうど出産予定日と同じ日なのです。 さすがに陣痛が起こってもう15時間経っているので、今日中こそ産まれるでしょう

陣痛

前のお話へ 17年某日 出産予定日前日、私は仕事に行っていました。 妻は定期健診として病院に行っていました。 お昼直前に妻からのLINEで「入院した(笑)」ときて、 生まれるのか!今日生まれるのか!!! わくわくと不安と

切迫流産を乗り越え陣痛へ

前のお話へ 切迫流産と宣言されてからは、すぐに休職に入りました。 基本的には自宅で安静にしていました。 安静が絶対でしすので、できる限り負担のかかる作業はさせないように気を付けていました。 この時の検診で「男の子」と確定