産まれてすぐの緊急搬送

陣痛から出産まだ30時間かかり息子は産まれました。
ただ産声ひとつあげず、そのまま奥の部屋へと連れていかれました。

分娩室の前で待つこと半時間。
先生に呼ばれて中へ入っていった。

あかちゃんこちらにいます。ただ、この後すぐに検査しますので、手短にお願いします。
と告げられたので、とりあえず写真と動画を撮影した。

なんだ普通じゃないか。って思ったのですが、あれ?どうもおかしい。

水を口に含んでうがいをするかのように息子は声を出していた。
どうやら肺の中いっぱいに羊水が入っていて、詰まっているようだ。

ググググググググググッツ
ンンンーーググググッグ

その時に撮影した3秒ほどの動画を今見返しているが、苦しそうだ。
ただ、懸命に声を出そうとしているようにも見える。

そして、短い写真撮影は終了し、医者が息子の鼻や口から羊水を機械で吸い出す。
ジュルルルルル
鼻水のようなものを吸い取る音がする。

そして息子が少しだけ通常の産声のような泣き方をした。

そうか。泣かなかったのは羊水が溜まってたからか。心配した。
と一安心した。

では少し検査してきます。と告げられて息子は連れていかれた。

しばらくの間、妻と私と義母で談笑をした。
陣痛と初めての出産の恐怖から解放されたのか、妻はいつものような調子で産むときの話をしていた。

「陣痛長かった!!!でも産むときはポンって出してやったよ!!!ハハハ!」

そんな笑い話をしていました。

2時間後、別の先生がやってきて話してくれた

「レントゲンで肺にポツポツとした点が多く見られる。肺炎かもしれない。けどここではこれ以上の検査ができないからなんとも言えない。別の病院に、これから搬送します。急がないと危ないので、お父さん一緒に来られますか?準備できたらすぐに行きますけど…」

頭が真っ白になってしまった。
とりあえず、「はい」とだけ返事した。

なんで?なんでうちの息子が?
ここ2日で、こんなに多くの子が産まれているのに、みんな元気なのに。
なんでうちの子が?

もう理解が追いつきませんでした。

四角い箱に入れられた息子。

半時ほどたって、救急車がやってきた。
むすこはそのまま救急車へと乗せられました。
私も同乗し、先ほど説明してくれた先生も乗ってくれた。

妻には、すまないが今日はあっちの病院行ったら、もう家に帰る。
疲れた。風呂も入りたい。と告げてきた。

サイレンが社外で鳴り響き、社内では、息子を目の前に救急隊員が2名、先生と私が座っている。
先生は私に、考えられる症状などを話してくれた。
登録販売者の知識があったため、少し話している内容が理解できた。
とりあえず、原因がわからないけどヤバイってことはわかった。

20分ほど揺られて、総合病院へと到着した。
NICUと呼ばれるところに息子は運ばれていった。

私は、そこの病院の先生と話があるからってことで待合室で少し待っていた。
時間はすでに20時ぐらいだった。
病院はすでに受付時間を過ぎていたため、一般の人は他にはいなく、廊下も暗かった。
待つこと十数分。看護師に呼ばれて先生のところに向かった。

そこで見せられたのは誓約書でした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です